HOME>オススメ情報>【資格対策を講座で】医師事務作業補助者を目指そう

資格を取得しよう

医師事務作業補助者になるには、資格があったほうが就職にも有利になりますし、資格対策によって知識も深めることができます。医師事務作業補助者の資格には、種類があります。資格を合格率の高い順にランキングをまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

医師事務作業補助者の合格率が高い資格ランキングTOP3

no.1

医師事務作業補助者実務能力認定試験

合格基準は公開されていませんが、合格率は60~80%です。難易度はあまり高くはなく、半年以上の人が合格しています。

no.2

医療秘書技能検定試験

合格率は、級によって変わります。3級は70%前後の合格率ですが、2級になると合格率は半分になり、準1級と1級は30%程度となります。

no.3

医師事務作業補助技能認定試験

合格率は平均60%です。合格後、「ドクターズクラーク」という称号が与えられます。

【資格対策を講座で】医師事務作業補助者を目指そう

事務の女性

医師事務作業補助者の仕事

医師事務作業補助者は、医療現場での事務処理をメインに行います。カルテの作成や検査結果の診断書作成、その他データ管理などを行っており、医療現場には必要不可欠な存在です。基本的な事務スキルはもちろん、医療に関する様々な知識が求められます。

医師事務作業補助者になるには

医師事務作業補助者として、正式に雇用されるには現場での6カ月間の研修が必須となります。資格を持っていても、この研修は行わなければなりません。資格は必ず取るべきというわけではないのですが、医療現場で働きたいのであれば、資格保持をしていて絶対に損にはなりません。医療系の仕事をやったことのない、という人ならばなおさら資格取得を目指すことをおすすめします。

資格対策方法って何?

医師事務作業補助者の資格を目指すのならば、万全の資格対策をしなければなりませんよね。合格率が高いものでも、気を抜いてはいけません。資格対策には、通信講座を利用している人が多いようです。医師事務作業補助者の資格は、業界でもあまり知られておらず、資格対策の教材なども限られています。通信対策だと、テキストだけでなくDVDなどの動画や添削レポートで対策することにより、さらに理解を深めることができます。

広告募集中