HOME>トピックス>わかりやすい!柔道整復師になるための方法

わかりやすい!柔道整復師になるための方法

授業

柔道整復師とは

柔道整復師は、整骨院や病院の整形外科などで捻挫や打撲、骨折などの治療を行っています。テーピングや包帯を使い施術を行い、ケガを治す仕事とのことです。柔道整復師は医療現場だけでなく、介護やスポーツ業界でも活躍しています。給与は、新人だと年収350万円前後ですが、キャリアを積むことにより、10年後は2倍の年収を目指すこともできます。

男女

柔道整復師を目指すには

柔道整復師を目指すには、「柔道整復師」という国家資格が必要となります。この資格を取得するには、高校卒業後に養成課程のある大学や専門学校へ通う必要があります。これらの学校で3年以上学び、柔道整復についての知識や技術を身につけなければなりません。

勉強

国家試験について

国家試験の合格率は、例年70%程度です。試験は、年に1度3月頃に行われており、1月初旬に申し込みが始まります。試験科目は、解剖学や運動学、病理学概論など11科目から出題されます。試験は午前の部と午後の部に分かれており、夕方4時頃までかかる合計5時間の試験です。試験問題は年々難しくなっている傾向があり、合格率もなだらかに右肩下がりになっています。そのため、例年の問題を見直したり、学校で効率的に勉強をすることが大切となっています。

女性生徒

学費の目安

柔道整復師を目指せる大学や専門学校へ通った場合の学費の目安をみてみましょう。4年制の大学へ通った場合、400万円前後学費として必要となります。入学金が30万円程度かかり、授業料が年間100~150万円程度かかります。しかし、その他にも別途費用が必要となることが多いので、気を付けなければなりません。実習で使う器材代や教材代なども年間10万円前後かかることがあるので、その分のお金も把握しておかなければなりません。

広告募集中